Index: [Article Count Order] [Thread]

Date: Thu, 16 Jun 2005 14:26:07 +0900 (JST)
From: ごりゅ <sakura@usamimi.info>
Subject: [info-ml:00060] usamimi.info informationML
To: info-ml@usamimi.info
Message-Id: <52409.157.2.21.248.1118899567.squirrel@www.usamimi.info>
X-Mail-Count: 00060

こんにちわ
ごりゅです。

///usamimi.info障害情報///

昨日(6/15)深夜1時付近に
2台のルーターのうち1台の回線がリセットされました。
原因は不明です。
これによる影響で、1時間ほどWEBサーバーに繋がり難い状態が続きました。
幸い全ての回線が落ちたわけではないので、mailなどの負荷分散を行っていない
通信は影響はありませんでした。

現在は、再接続を行い、正常に復旧しています。
今回の障害は大きなものではないと見ています。

///メンテナンス情報///

メインサーバーはこれと言ってメンテナンスの予定はありませんが
清掃やメモリクリアの為に、リブートを週末行うかもしれません。
リブート自体は5分程度で完了しますので、障害が併発しなければ
停止時間は殆ど無いと見ています。
実施時間も念のため、朝もしくは深夜に行う予定です。

バックアップサーバーを清掃メンテナンスの為
週末、停止させます。
バックアップサーバーが担当しているサービスは
DNS程度なので特に問題ないとみています。
DNSもサーバー停止中はセカンダリDNSが応答に当たりますので
ユーザーサイドに影響は出ません。


///連絡事項///

・usamimi.infoにSpeedyCGIを実装させました。
仕様などは後々、まとめますが
#!/usr/local/bin/perlの代わりに
#!/usr/local/bin/speedyとすることで
SpeedyCGIにperlスクリプトを実行させます。

・特徴は、
perlスクリプトをコンパイルしてサーバー内に常駐させることで
大幅な負荷の軽減と、perlスクリプトの起動時間をゼロにすることで
高速化が期待できます。
(実行速度は2倍から10倍になるとの事)

詳しくは、これから、まとめる仕様もしくは検索エンジンなどで調べてください。

高速化、負荷軽減といい事が多いですが悪い事もあります。
スクリプトが常駐するので変数の扱いに注意が必要です。
グローバル変数を最初に初期化している、もしくは終了時に初期化している
perlスクリプトで無ければ、正常に動作しない可能性があります。

・資料
SpeedyCGI 日本語訳
http://perldoc.jp/docs/modules/CGI-SpeedyCGI-2.21/SpeedyCGI.pod

以上です。

このメーリングリスト(マガジン)は、usamimi.infoのアカウントを取得している人向
けに
配信されています。
質問等、返信に関しては、ML宛ではなく、sakura@usamimi.info宛てにお願いします。

\e
--------------------------
from:ごりゅ
home:http://www.usamimi.info/
mail:sakura@usamimi.info