2021年9月15日 固定記事
サイト移転しました。
恐れ入りますが、ブックマークやリンクの変更をお願い致します。

移転に伴いまして、未完の小説を倉庫へ移しました。
また、移転作業中に【S学園男子寮 505号室】の続きの番外編を見つけたのでそれも倉庫に置いておきます。
【S学園男子寮 505号室】を最後まで読まれた方で、その後を知りたい方はご覧ください。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

倉庫
TOPへ戻る
2021年11月22日
今日は1日オフだから、24時間小説を書こう。
そんなふうに思って始まる1日があります。でも現実は、なかなか思うようにはなりません。
途中で何かと雑用が入ったりして、全然創作が捗らずに終わってしまう事が多々あります。
突然水漏れして水道屋さんを呼ぶ事になるとか、1本の電話で外出を余儀なくされてしまうとか。
生きていくために必要な事があまりにも多すぎて、好きな事に費やせる時間は本当に限られていると最近つくづく思います。
だからこそその限られた時間を大切にしていきたいと思うのですが、まずは創作に費やせる時間がもっと欲しいです。
そんな事を考えていた時、ふと見つけたのが「時間のないサイト運営者リング」というものでした。
見つけた時には、ここまだあったんだ! と思ってすごく嬉しかったです。
このバナーを貼っていたサイトは多かったので、きっと見覚えのある方もたくさんいらっしゃると思います。
見つけた記念に貼っておきます。

時間のないサイト運営者リング


2021年10月14日
旧サイトがリンク切れになりました。
移転のお知らせから1ヶ月経ちましたが、新サイトへ辿り着いていない方はいらっしゃいますでしょうか。
サーチ様のデータは新サイトで登録してありますので、そこで気付いていただけると良いのですが。
あまり意味ないかもしれませんが、とりあえず新サイトのURL貼っておきますね。

http://usamimi.info/~bokunokimie/
2021年10月4日
メッセージを下さった方へのレスです。

そうでした…様

こんにちは。お便りありがとうございます。
サイトの移転は少し前に思い立ちまして、そこから一気に移転作業へと突っ走りました。
本当に突然の移転となってしまいましたが、労いのお言葉をいただいて嬉しかったです。どうもありがとうございました。

308号室は、灰色の決着という色合いが濃かったように思います。
番外編を書くのに躊躇してからは、読者の方の解釈に任せようと思っていました。
ただ今になって読み返してみると、やっぱりあの後のエピソードを書いてみたいという気持ちになりました。
個人的には、曖昧なラストは嫌いではありません。
でもきっと、何かやり残したような感覚が心の中に残っていたんだと思います。
308号室は書くのがとても難しくて、自分にとっては挑戦だったのかもしれません。
番外編も難しくて書けなかったのかもしれませんが、新たに挑戦してみたいと思っています。

小説全部読んでくださったのですか!
とても嬉しいご報告どうもありがとうございます!
いえいえ。ご感想をいただいて嬉しい事はあっても、キモいなんて思う事は絶対にないですよ。
いつも作品をすごく理解していただいて、嬉しさと喜びでいっぱいです。
励みになっているのはこちらの方です。いつも気にかけていただいて、本当にどうもありがとうございます。
またお時間がございましたら、いつでもふらっとお立ち寄りください。
これらからもどうぞよろしくお願いいたします。
2021年9月29日
メッセージを下さった方へのレスです。

505号室の番外編…様

こんにちは。
505号室の番外編読んでくださったのですね! どうもありがとうございます。とても嬉しいです。
505号室は思い入れのある作品でして、移転作業中に読み返したところ偶然番外編を発見し、思い切って公開する事にしました。
本編はシビアな現実が晒されて終わった雰囲気でしたが、最後は明るい兆しが見えて作者も少しほっとしました。

最初にS学園の構想が浮かんだ時、これは絶対不健康な場所だろうなとリアルに思いました。
実際にこんな所があったら、小説の中のような出来事が本当に起こりそうだと思って書いていた気がします。
ただ人間はどんな場所にも適応しようとするはずなので、それが成長に繋がっていくのかもしれませんね。

なんと308号室も読んでくださっていたのですね。恐縮です。どうもありがとうございます。
308号室につきましては、実は本編の終了時にすぐ番外編を書くつもりでいました。
ただいろいろと葛藤があり、躊躇したまま長い時が過ぎてしまいました。
しかしこれも移転作業中に読み返しまして、やはり本当の完結編を書くべきだと思い至りました。
308号室は本編に少し修正を加えた後、番外編を書きたいと思っています。
元々構想にあったものですので、ここらへんでけじめを付けてしっかり終わらせたいです。

素敵なコメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
ここまでしっかり読んでくださって、本当に嬉しいです。
移転作業も一段落しましたので、今後は少しずつでも更新を重ねていきたいと思っております。
是非またお立ち寄りくださいね。いつでもお待ちしております。
2021年4月28日
メッセージを下さった方へのレスです。

サイト復活されていて…様

こんにちは。
お返事ありがとうございます。

「僕と彼の朝」お読み頂いたのですね。どうもありがとうございます。
わたるの気持ちに共鳴して下さって嬉しかったです。
実は私も最近読み返したのですが、仰る事がなんとなく分かる気がしました。
言いたい事が言えずに終わるというのはわりとよくある事だと思いますが、そうすると後々後悔する事が多いですね。
かといってその時には言い出せなかったり、いつでも言える状況が続くと思っていたのが突然そうではなくなったり。
そういう事って、本当にあるよなぁ……と私もつくづく思いました。
つまりは今この時を大切にしなければいけないという事でしょうか。
私もそれを肝に銘じて、これからの時を過ごして参りたいと思っております。

小説の続編についてですが、そういえばそんな事があったかも? という気はするのですが、なにしろ随分前の事ですので、記憶がとても曖昧です。
そちらにつきましては、いつか時間のある時にファイルを探してみたいと思います。

いつも素敵なお便りを、どうもありがとうございます。
またお時間がございましたら、いつでも遊びにいらして下さいね。
2021年4月20日
メッセージを下さった方へのレスです。

サイト復活されていて…様

こんにちは。
10年以上前からお越し頂いていたとの事で、誠にどうもありがとうございます。
更新停止中にもメッセージを下さったお客様ですね。お待ちしておりました。
いつも素敵なメッセージを下さいましたのに、全然お返事ができず心苦しいばかりでした。
私も同じように、伝える勇気と大切さを痛感しております。
サイトを見て下さる事やメッセージを頂く事は当たり前の事ではありませんし、それはとても嬉しい事で、本当に感謝でいっぱいです。
ですからその思いをお伝えする事はとても大切な事なのに、ずっとそれができなかった事は痛恨の極みです。
本当に申し訳ございませんでした。そして、どうもありがとうございました。

ネットの出会いは一期一会。それは私もそう思います。
悲しい事に、お気に入りのサイトが突然消えてしまう事は珍しくありませんしね。
これからはなるべくそういう事が起こらないように、それぞれの作家さんが気持ちよく創作を続けて下さるのを願うばかりです。

更新停止やサイト消失など、色々やらかしてしまいましたのに、ここを見捨てずに居て下さった事、深く感謝しております。
これからは少しずつでも更新していきたいと思っていますので、また新作を公開した際には読んで頂けると嬉しいです。
これまでの作品も残しておきますので、何か読みたいなと思った時は、いつでも遊びにいらして下さいね。
いつも温かいメッセージを頂きまして、どうもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2021年4月16日
今新作を書いていますが、時間がなくてなかなか進みません。
多分長編になると思っていて、完結してからサイトに上げようと思っているのですが、これではいつになるか分かりませんね。
何か短編になりそうなネタを思い付いたらそっちを先に上げるかもしれませんが、それもどうなるかは分かりません。
今は長編を書くのがすごく楽しいのですが、時間が空くと熱が冷めてしまうので、それが怖いところです。
鉄は熱いうちに打て、という事でしょうか。
とにかく今は楽しみたいです。楽しんで書かないと続かないと思いますので。
今後の見通しは不透明ですが、がんばります。
2021年3月22日
やっぱりあらすじを入れたかったので、もう一度TEXTページを修正しました。
あらすじというほど大げさな物ではありませんが、小説について一言入れておきたかったので。
何か不具合がございましたら、ご一報くださいね。

一応スマホでデザインが崩れないように修正したのですが、もしかすると自分のスマホが小さいから崩れてしまったのかもしれません。
サイトをやっている事は誰にも話していないので、他の人のスマホから確認してもらうのは難しく、とりあえず自分のスマホで崩れていなければいいと思ってやってみました。
それでもリンクボタンの表示は、やっぱり小さいですね。
スマホ用サイトに変換してもあまり見やすいとはいえない様子でしたので、それはやめておきましたが、スマホから読もうとしてくださる方には本当に申し訳ないと思っております。

管理人はしばらくサイトから離れていたので、一度小説を読み返してみようと思いました。
ですがPCに向き合う際は他サイト様と創作に時間を使いたいと思ったため、移動時間や空き時間にスマホで読もうと思ったんですね。
しかしスマホからだと見づらい事が分かって、少しはどうにかしたいと考えました。
かといって素晴らしく改善されたとは言い難いですが、とりあえず努力はしてみました。
今回もタグ打ちは楽しかったです。
2021年3月20日
スマホで表示する際にデザインが崩れていたので、TEXTページを手直ししました。
小説の説明をはぶいたため、あらすじが全然分からない状態になりましたが大丈夫でしょうか。
もしも不都合がございましたらお知らせください。

一応表示の崩れは直しましたが、やっぱりスマホからは見づらいですね。
PCサイトをスマホ対応のサイトにする事はできるものなのでしょうか。勉強不足でよく分かりません。
自分は基本的に他サイト様も含めてPCで見る人なので、そのあたりは疎いです。
昔からサイトはメモ帳にHTML直打ちで作っているのですが、タグ打ち作業はとても好きです。
これからも少しずつ、目に見えない部分も修正していきたいと思っております。
2021年3月1日
以前WEB CLAPに載せていた小説をUPしました。短編ばかり10作品です。

作業中にサイトにUPしていない小説を見つけて、よくよく考えるとWEB CLAPで公開していた物と気付きました。
自分でもすっかり忘れていたのですが、せっかくだからUPしようと思って、本日公開に至りました。
また埋もれている作品を見つける事があったら、公開するかもしれません。
新作をUPしたい思いも強くなってきていますので、それもいずれは実現したいです。